CCJ BLOG

FACEBOOK

CCJMISSION

共助の防災減災研修を通じて「よき避難者」を育てる

混乱する震災時において、平常時に決めておいたルールやマニュアルは一切機能しません。
リーダーがいても、想定していた役割を果たせないケースを多く見てきました。
そのとき、私たちは適切な行動がとれるでしょうか。

そこで私たちが提唱しているのが「一人ひとりがよき避難者となる」ことです。
一人ひとりが「よき避難者」すなわち「受け身で支援を待つのではなく、
変化する状況のもとで主体的に適切な行動をとることができる(自助)避難者」となり、
その個人同士が互いに助け合う(共助)ことが求められるのです。

大切な人の命を守るために、ともに考え、行動しましょう。

CCJTRAINING

「よき避難者」を育成するために、防災減災研修事業を行っています

「よき避難者の手引き」に掲載されている事例や教訓を、
ひとりでも多くの人々に伝えるために、
Community Crossing Japanのコミュニティづくりのノウハウと、
パートナーである復興応援団の避難所支援・東北復興ツーリズムのノウハウを活かして、
「よき避難者」を育成する防災減災研修事業を行っています。

特に、集合住宅やオフィス、商業施設、駅といった多くの人々が滞在する場所では、
人々の共助が成り立たなければ、甚大な二次・三次災害へとつながりかねません。
デベロッパーや住宅・ビル管理会社、鉄道会社、企業総務の方々は、ことに受講をご検討いただければ幸いです。

CCJメンバーが出張して、研修・ワークショップを行うことが可能です。研修をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

CCJVOICE

CCJの研修を受講された方、CCJを応援・協力していただいている方からのコメントを紹介

研修受講者

  • 岡崎 新太郎

    三菱地所レジデンス株式会社
    商品企画部 商品企画業務室
    兼 メックecoライフ
    岡崎 新太郎さん

    私は、防災に関して知りたいこと・解決したいことが予め明確にあって、今回の研修に参加しました。実際、被災地では、様々な場所・シチュエーションで経験されたことを、直接お話をうかがうことができ、自分のなかでもやもやしていたことがいくつも解決しました。また、現地に立つことで、ニュースでは分からなかったことを感じたり、一緒に参加した方々との意見交換で気付かされることがあったりと、あらゆる場面で多くの気付きと今後につながる経験が出来ました。関わった方に感謝しています。

  • 奥田 建蔵

    株式会社東急エージェンシープロミックス 代表取締役
    ソーシャルデザイン POZI
    奥田 建蔵さん

    被災地から学ぶ“生きた知恵”こそ、発災時に本当に役立つ・・。だから「よき避難者」は最良のプログラムと言える。 “想定外の状況で人はどう生き延びるのか“を現地で学ぶことで、マニュアル作りでは得られない知識やノウハウを手に入れられる。 大規模震災を想定した防災コミュニティの未整備マンションが数多くあり社会課題となる中、「よき避難者」は解決へ向かう希望のバトンになるにちがいない。

  • 松沼 彩子さん

    アサヒグループホールディングス株式会社
    本社 CSR部門
    マネージャー
    松沼 彩子さん

    事前研修、現地モニターツアー、事後ワークショップを通じて、「一人ひとりがよき避難者となる」事の重要性を実感しました。 当初、「防災、減災に関して会社が出来る事を考えたい」という視点で参加しましたが、いつの間にか「私だったらどうする?何をしておく?」という視点で考えていました。 日常生活では経験することのない「避難生活」について、まずは「自分ごと」とする事が出来る研修ツアーだと思います。

応援・協力者

  • 河野 雄一郎

    森ビル株式会社
    取締役 常務執行役員
    河野 雄一郎さん

    Fukushima Community Crossingに参加し、その高い意識と具体的な行動に深く共感しました。「共助の防災勉強会」で伺った復興応援団の佐野さんの体験談には多くの気づきがありました。被災地・避難所生活にどんな課題があるかを各人が予め承知していれば、災害対策や避難生活は全く違うものになります。共助の前提は、個々人の意識です。CCJ×復興応援団の取り組みは、私たちを「よき避難者」に導くものと確信しています。

  • 岡本 正さん

    岡本正総合法律事務所
    弁護士
    岡本 正さん

    東日本大震災のリアルを教訓にし、次の災害に備えて叡智を残すという取組みに共感し、「『よき避難者』の手引き」作成や主催されている勉強会講師などで協働させていただきました。私自身が取組む「災害復興法学」や「事業継続や生活再建のための防災研修」と共通するところがあり、今後もコラボレーションしていきます。多くの方の想いを次世代へ繋げるお手伝いができれば幸いです。

※所属・肩書きについては2014年8月末時点のものです。

CCJメンバーが出張して、研修・ワークショップを行うことが可能です。研修をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。