こんにちは。

スタッフの島矢です。

 

9月11日12時頃、気象庁『気象警報・注意報』ページをみると

”気象特別警報発表中”

という文字が書かれており、北海道で記録的な大雨に降っていました。

 

特別警報は平成25年8月30日(金)に運用が開始され、

「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。 

と気象庁のページで書かれているとおり、一番重い警報になります。

 

一方、特別警報と似たものに警報・注意報がありますが、

以下のように対象の気象状況が異なります。 

 特別警報  大雨、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
 警報  大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
 注意報

 大雨、洪水、強風、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、

 融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪

 

 注意報<警報<特別警報の順で、想定される災害がレベルが大きくなるものの、

どれも災害が発生する可能性を危惧するものに変わりはありません。

例えば、公共交通機関の運休やダイヤの乱れは、普段の生活で経験したことのある方が多いはず。

 

実はこうして考えていくと”災害”は私達の身近なところに潜んでいます。

ただ、逃げる方法や逃げた先で上手く過ごす方法を皆様はご存知でしょうか?

そんな悩み・疑問を解決すべく、私達は研修を行なっています。

 

気象庁『気象警報・注意報』リンク:http://www.jma.go.jp/jp/warn/

気象庁『特別警報』リンク:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/index.html

気象庁『警報・注意報』リンク:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/warning.html